読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのヒッチハイクで鹿児島から大阪まで1日で(しかもタダで)行けた話

どうも、お疲れ様です。

年始に成人式(行ってないけど)を迎えた20歳/フリーター(@brbabd1)です。

成人祝いで親戚からお金を頂いて、
「せっかくだったら記憶に残る使い方をしてもいいんじゃないか」と思い、初の一人旅を敢行することになりました。
前々からやってみたかったヒッチハイクで。

友人にそのことを話したら、「北海道(函館)の知り合いを紹介するよ。その人のとこ行ってきな。」という流れで目的地決定。

初めてのヒッチハイク旅がスタートすることになりました。
まず結論から言いますと…

地元・鹿児島を出発して1日目で大阪まで着いてしまいました。

しかも、お金は1円も(食費も)使いませんでした。

感覚的には目標の半分近くクリアしちゃった…みたいな。

車には計5台に乗り、多くの人にお世話になりがら大阪の友人宅まで到着。
どのようにヒッチハイク1日目を過ごしたのか、ご覧あれ。

8:20 家を出発

地元・薩摩川内からスタート。ドキドキが止まらない状態。少し歩いてポジションを決め、スケッチブックに「阿久根(隣の市)」とだけ書いてあげてみる。


8:50 1台目/鹿児島県薩摩川内市阿久根市


定位置を決めてから10分もしないうちに車がとまりました。自分でもビックリ。

これから阿久根の友人宅に向かうという女性の方でした。

どこから来たの?
今出発したばかりなんです。
あ…そうなの。どこまで行くつもり?
函館に行くつもりなんです…
函館!?寒そうね…

なんて話してる内にすぐ到着。
ここじゃ車とまりそうにないから」と友人宅を過ぎて阿久根の街の方まで送ってもらいました。


10:00 2台目/鹿児島県阿久根市出水市


少し歩きながら今度は「出水」とスケッチブックに書いてあげると、またすぐに車に乗せてもらうことができました。

僕の家の近くのラーメン屋さんの店長さんで、同じラーメン屋さんの出水店に向かう途中に拾ってもらいました。

以前にも外国人のヒッチハイカーを乗せたことがある方で、お店についてから缶コーヒーを買っていただきました。


10:40 3台目/鹿児島県出水市〜宮川SA


今度は「熊本」と少し歩きながらスケッチブックをあげてると、前から女性が。
文字があんまり見えなくて通り過ぎたのにわざわざ車を停めて確認しに来てくれました。

その方は熊本にいるお孫さんに会いに行くという女性の方でした。

高速道路で熊本市内へ。
下道に降りて熊本市内に降ろしてもらうか、近くのSAに降ろしてもらうかで迷いに迷って、宮川SAまで送ってもらいました。

この後だんだんわかってくるんですが、SAに降ろしてもらって結果的によかったです。その理由がこちら→ヒッチハイクやるなら高速道路にのらないと! - 無気力な日々


12:20 4台目/熊本県・宮川SA〜広川SA


宮川SAで「福岡」と書いたスケッチブックをあげているとチラチラ気にしてくれるご年配のご夫婦が。車に乗り込もうとしてるところにダッシュで行って声をかけたら、快く乗せてくれました。

気になってたんだけど、車が小さいから誘うに誘えなかったんですよ」ってことだったので、自分から声をかけにいって大正解!

鹿児島から佐賀に旅行に行かれるご夫婦でした。
お昼に玉名SAで「玉名ラーメン」をご馳走になりつつ、広川SAへ。


14:30 5台目/福岡県・広川SA〜大阪


福岡に着いたー!!って感じで達成感しかこの時点ではなかったんです。今日は福岡の友人に会いに行こうなんて考えてたんですが、ここからがラッキー。

博多」をあげてキョロキョロしてたら、会社員の2人組の方々が話しかけてくれて、
どこまで行きたいの?
博多まで…
博多か…地理関係わからないけど太宰府までは行くんだよねー…
お願いします!!

って感じで僕も太宰府がどのあたりにあるのかわからないまま車に乗せてもらうと、

最終目的地はどこなの?
函館です。
函館!?遠っ!でも、今から太宰府で営業終わったら大阪に帰るのよね…
えっ…。大阪まで乗せてください!

って展開で大阪まで送ってもらうことに。めちゃくちゃついてる。

そして、太宰府でお仕事を終えてそのまま高速で大阪まで。しかも途中でおやつや晩御飯にカツ丼まで奢ってもらって。


0:00 大阪に到着

夜中に大阪に到着。わざわざ友人宅の近くまで送ってもらって。
1日で大阪まで来てしまったー!!」達成感、半端なかったです。



***



今回は本当にラッキーパターンだなって自分でも思いますね。ビギナーズラックというものかなと。しかも、ご飯までご馳走になって最高でした。
以上、ヒッチハイク初体験でした。記憶に残るデビューを飾れて良かったー。