読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッチハイクやるなら高速道路にのらないと!

どうも、お疲れ様です。
この前初めてヒッチハイクをして、鹿児島から北海道まで行った20歳フリーター(@brbabd1)です。

まだ経験は少ないですが、ヒッチハイクでつまずいたところって何箇所かしかないです。だいたい皆さん優しいので順調に車に乗せてもらうことができました。

つまずいた何箇所かの一つは「下道」です。
「え!どういうこと!?」って思うかもしれませんが、ぼくはだいたい高速道路のSA(サービスエリア)/PA(パーキングエリア)でヒッチハイクをして成功しました。

高速道路のSA/PAヒッチハイクするメリットをご紹介。

車をとめる必要がない

下道だと車がビュンビュン走ってますよね。その時点で一つハードルが上がってしまってるんです。運転中にヒッチハイクを見つけて「あっ!」とは思っても、車を路肩にとめるのは大変なはずです。

下道で困った時、コンビニに停まっている車をみて話しかけたら運良く乗せてもらったなんてこともありました。


こちらから声をかけることができる

下道だとスケッチブックに目的地書いて、ひたすら笑顔でアピール!しかできないんですがSAは既に車がとまってるので、降りて休憩してる人に声をかけることができます。

それに加えてスケッチブックに目的地書いて持っていると相手から「今からそこ行くから乗せてあげるよ」と話しかけてくれる場合があります。というか、ほとんどそのパターンで車に乗せてもらいました。みなさん本当に優しい…。


高速道路は長距離走るの車が大半

高速道路に乗る人ってだいたい長距離を運転される方です。仕事だったり、旅行だったり。
下道を走ってる車は近所に買い物くらいの短い移動が多いので、乗せる側も「遠くまで乗せられないからな…」となってしまいます。

目的地が自分が今いるところから遠いなら高速道路を走る車に乗ったほうが断然速く着きます。

僕がいちばん長い距離乗せてもらったのは福岡から大阪でした

初めてのヒッチハイクで鹿児島から大阪まで1日で(しかもタダで)行けた話 - 無気力な日々

1人で運転されてる方だと「長距離の運転は疲れるし眠くなるから、丁度話し相手が欲しかったんだよ」って言ってくれる人も多かったです。


どうやってSAまで行くの?

そもそもどうやれば高速道路にのれるの?って人もいるかと思います。オススメはSAまで歩いて入ることです。
大きいSAはだいたい歩いてSA内に入ることができます。歩行者用の通用口があったり、従業員用の入り口があったり。
そこまでの行き方と入り口を事前に調べておくことをオススメします。


歩いて入れるサービスエリアは意外と多い。ヒッチハイクのスタート地点に選ぶと◎ - 無気力な日々


歩いて入れるサービスエリアは意外と多い。ヒッチハイクのスタート地点に選ぶと◎ - 無気力な日々


僕はSAの入り口がわからなくてSAエリア周辺を彷徨ってると「SAエリアに入りたいの?」と犬の散歩をしている人に声をかけられ、入り口を教えてもらいました。背負っているリュックと困ってる僕を見て「ここら辺で大きな荷物持ってる人はだいたいSAに乗りたいんじゃないかと思って。今まで何人も案内したよ」と笑ってました。



***



ヒッチハイクで長距離を目指してる方は是非、SAまで行って高速道路にのりましょう。乗ってるともう○○県か!みたいにグングン進むので楽しいですよ。